ワキガは制汗剤で治る?

市販の制汗剤で
ワキガ完治は難しい?

市販の制汗剤でワキガ完治は難しい?

「制汗剤でワキガは治るのか」
その結論からいうと・・・症状は軽減されます。

『制汗剤』は読んで字のごとく、汗を制御する役割をします。その一方でワキガ臭は、アポクリン汗腺から分泌された汗と皮脂や雑菌が合わさることで発生します。

つまり、アポクリン汗腺から汗が分泌されなければ、ワキガ臭に発展する可能性は、だいぶ軽減されるのです。

しかしながら、「治る」という概念でいくと、制汗剤を塗っているからといって完治にいたるかというと・・・市販の制汗剤では「完治」とまでは難しいかもしれません。

さらに日本製で市販されている制汗剤の場合、強い臭いを抑えることを目的としては作られてはいないため、臭いを抑えるとは言っても、「軽いワキガ臭であれば、制汗剤で臭いを抑える」程度と考えていた方がいいでしょう。

ワキガ臭のセルフケアは、
「何を抑えるか」がポイントに

ワキガ臭のセルフケアは、「何を抑えるか」がポイントに

ワキガが気になる、ワキの臭いをどうにかしたいと考えた時、ふと思いつく手軽なアイテムが制汗剤なのではないでしょうか。ドラッグストアに行けば、簡単に手に入って、気になる臭いを軽減してくれる優れもの。

しかし先ほどもお話したように、制汗剤の作用はあくまで「汗を抑制する」ということ。ワキガの「臭い」そのものにアプローチするアイテムではありません。また長年の間、最もポピュラーな制汗剤のスタイルはというと、見慣れているのは「スプレータイプ」という方も多いと思います。もちろん他にも塗るタイプもありますが、いずれにしても言えることは・・・「塗り忘れ・塗り残しの可能性は0ではない」ということですよね。

どんなに念入りにスプレーをかけても、どんなにしっかり塗ったとしても、完璧にすべての汗腺をブロックするというのは、なかなかの至難の業なのではないでしょうか。人間なので。

となると、制汗剤を塗り忘れたもしくは塗り残しがあった場合、汗は多少なりとも分泌されます。すると、塗らないよりはましかもしれませんが、「ワキガ臭が作られる」というわけです。

では今度は、「臭い」を抑制することにポイントを変えてみましょう。一見同じもののように感じてしまいますが、デオドラントという種類の製品の場合、汗ではなく臭いを抑える作用を持っています。特に海外の場合には、デオドラントはエチケットの必需品として扱われている国も多く、防臭効果というよりも更なる香りで臭いを抑えるというものが多いようです。

ただし、市販されている制汗剤・デオドラント、いずれにしても結局のところその効果は「抑制」。臭いの根源にアプローチするものではありません。

制汗剤には副作用がある?

汗腺にフタをすることで汗の分泌を抑制する制汗剤ではありますが、その「汗を分泌させない」ということが、副作用に発展する要因となることもあります。

なぜなら、そもそも汗は、人間の体温を調整すること、そして体内の老廃物を排出する役割を持っています。ではその役割を担っているにも関わらず、汗が分泌できないとどうなるのでしょうか。

懸念されるのは、老廃物蓄積による臭いの発生です。いくらワキガ臭が防げたとしても、他の要素から発する臭いに悩まされる心配もあります。そのため、制汗剤はほどよく使って汗もほどよく分泌させる、というのが制汗剤の上手な使い方と言えます。

また制汗剤に含まれる成分によって、副作用が引き起こされる懸念もあります。特に化学成分が多く含まれている製品の場合、通常の化粧品類と同じように「肌に合わない」ということが発生する可能性ももちろん否定できないわけです。
さらには化学成分が皮膚の汗腺にフタをする・・・お肌に良いとは決して言えない状態ですよね。特に制汗作用の強い製品であるほど、お肌への刺激も強いことが懸念されます。
すると、お肌の赤みやかゆみ、さらには色素沈着による黒ずみなどの肌トラブルにも発展しかねないのです。

制汗剤には副作用がある?

こう考えると、市販の制汗剤を使用する場合、お肌に何かしらの変化を感じたらすぐに使用をストップすることがやはり重要と言えますね。決して口コミだけを真に受けないでください。
あなた自身に合っている制汗剤でなければ、せっかく効果を得ても、新たなトラブルに悩まされることにもなりかねませんよ。

クリニックの制汗剤治療とは

クリニックの制汗剤治療とは

では次に、「市販ではない制汗剤」について考えてみしょう。実はクリニックでの治療法の一つとしても、制汗剤による治療はあります。市販品が合わなかった、ワキガ臭が強いという方は、効果はもちろん安全性も高い医療用制汗剤を使ってみてはいかがでしょうか。

医療機関の処方される多くの制汗剤に含まれているのは、「塩化アルミニウム液」。これは皮膚を引き締める作用を持っているため、効果的に汗をブロックさせる成分として古くから多汗症やワキガの治療に活用されています。もちろん市販製品の中にも、この成分が含まれているものもありますが、より高い効果を求めるのであれば、医師処方の制汗剤をお勧めします。

また医療処方の制汗剤のなかには、一度塗れば数日はワキガ臭が抑えられるというものもあるので、臭いが強い方の場合には市販のものよりも安心して使用できるかもしれませんね。

ただし、いくら医師処方とはいえ、やはり制汗剤は対症療法。「もうワキガ臭とはさようなら!」と言えるほどの効果は期待出来ません。
例えば、「手術をするまでではないけど、セルフケアではどうしていいかわからない」といった場合に効果を発揮することでしょう。

制汗剤に求める役割は?

では最初の議題、「制汗剤でワキガは治る?」という論点に話を戻してみましょう。
繰り返しにはなりますが、制汗剤ではワキガを完治させることはできません。しかし、今すぐにワキガ臭を抑えることができるというのは、ワキガで悩む方にとってとても心強い一歩となるのではないでしょうか。

治療をするかどうかを決めるのは、まずは制汗剤を使ってみてから。というのも、もちろんいいと思います。

でも深く悩んでいる方にとっては、たとえ制汗剤を使って臭いが抑えられたとしても、「本当に臭いは大丈夫?」という不安がついてまわることも・・・。
だからこそ、お一人で悶々と悩んでしまう前に、ぜひ一度医療機関に相談してみてください。自分だけではどうにも先が見えなかったワキガのお悩みも、医学の知識が加われば明るい未来が見えてくるかもしれませんよ。

ワキガのセルフチェックへ戻る

わきが・多汗症
無料カウンセリング

わきが・多汗症 無料カウンセリング わきが・多汗症 無料カウンセリング

無料カウンセリング予約

電話予約(11:00~19:00)

柏 院
0120-956-901(月曜・水曜休診)
船橋院
0120-957-598(月曜 休診)
柏院 (月曜・水曜休診)
船橋院 (月曜・水曜休診)