ミラドライでわきが・多汗症治療

わきが・多汗症の治療方法

わきが・多汗症治療にはいくつか種類がありますので、ミラドライと従来の治療法とを比較してみたいと思います。

ミラドライ 手術
(剪除法)
ボトックス注射
効果 半永久的 半永久的 3~6ヶ月程度
(個人差あり)
傷跡 なし 残る なし
ダウンタイム 短い 1~2週間 短い
治療時間 約1時間 約1~2時間 約10分
通院回数 治療日のみ 抜糸などあり 定期的
効果の実感 治療直後 固定が外れてから 4~5日後

ミラドライ

ミラドライ

ミラドライは色々な医療分野で使われているマイクロウェーブ波という電磁波を使用して治療を行います。
皮膚を傷つけずに、わきに存在するアポクリン腺とエクリン線を破壊する事が出来るので汗の分泌量を抑えられます。
汗腺が集中している皮下2~3mm部分に、ミラドライのエネルギーが集まる様に設計されているので、汗腺以外に傷が付く事はありません。
治療にかかる時間は約1時間で、施術当日から効果を実感できます。
また、ミラドライは皮膚への負担が少ないだけでなくその効果も永久的なものなのです。

手術(剪除法)

手術(剪除法)

メスを使用する剪除法(せんじょほう)は、わきを3~4cm程切開して、アポクリン腺をはさみで取り除くという手術法です。
医師自らアポクリン腺があるの場所を見ながら手術出来るので、剪除法(せんじょほう)は永久的な効果が得られる手術法として知られています。
また、保険医療指定機関ならば健康保険も適用されるのです。
ですが、わきの皮膚を3~4cm程切開する訳ですから手術後は傷跡が残る事になります。
さらにダウンタイムも長いので、手術後は10日程安静にしていなければなりません。
※ダウンタイム…日常生活に支障が出なくなるまでに回復するまでの期間。

ボトックス注射

ボトックス注射

ボトックス注射は、汗がたくさん出る原因となっているエクリン汗腺の働きを抑える事が出来るボツリヌストキシンをワキの下に注射して、汗の臭いと汗の量を軽減させるというものです。
注射器を使用しますので傷跡は残りませんし、短期間で治療を終える事が出来ます。
また、ダウンタイムもありませんので、治療を受けた事を周囲に知られたくないという方にも最適です。
ですが、ボトックス注射の場合は効果が表れてくるまでは2~3日かかりますし、そしてその効果も半年程しか持ちません。

わきが・多汗症の治療を選ぶポイント

わきが・多汗症の治療を選ぶポイント

最近では、多汗症・わきが(ワキガ)の治療方法を入念に調べて来院される方が増えています。代表的な多汗症・わきが治療は病院で行う手術ですが、インターネットなどで調べていくなかで“切開せずマイクロ波で汗腺を破壊する”ミラドライに出会い、詳しく調べてからイデア美容皮膚科クリニックにお越しになる方も多くいらっしゃいます。

そこで必ずと言っていいほど質問されるのが「ミラドライと手術はどちらがいいの?」「ミラドライではなく、手術のほうがいい場合とは?」といったもの。
結論から言うと、手術をしたほうがいいケースは下記の2つのみです。
これらにあてはまらない場合は、より負担の少ないミラドライがおすすめです。

  • 一度手術をしている場合の再治療
  • 症状が重く、ミラドライの治療効果に満足できなかった場合

【手術→ミラドライ】は難しいですが、【ミラドライ→ミラドライ】【ミラドライ→手術】は可能です。ただ、イデア美容皮膚科クリニックに来院された患者様はミラドライの治療効果にご満足いただいており、これまで【ミラドライ→手術】と治療された方はこれまでにいらっしゃいません。

多汗症・わきが治療をお考えで「ミラドライと手術のどちらがいいのかわからない」という方は、当院にお気軽にご相談ください。

一度多汗症・わきがの手術をしている方

過去に何らかの多汗症・わきが手術を行っている場合、手術によって皮下組織を除去しています。その薄くなった皮膚にミラドライで治療を行うと、熱傷などのリスクが上がってしまうため当院では治療を行っていません。

症状が重く、ミラドライの治療効果に満足できなかった方

ミラドライは複数回の治療が可能ですが、万が一それでも満足のいく治療効果が得られなかった場合は、これまでと違う方法でアプローチするという意味で手術をご提案する場合があります。

ただ、お伝えしておきたいのはミラドライと手術の治療効果はほぼ同じということです。違いがあるとしたら、汗腺を目視して除去しているか、そうでないかという点のみ。手術は脇をメスで切開し、ドクターが汗腺を目で確認しながら切除していきますが、ミラドライはこれがありません。ミラドライはマイクロウェーブによって照射範囲の汗腺をくまなく熱破壊するため、汗腺をなくすという意味では同じ効果が得られます。

ミラドライの治療の流れ

1.カウンセリング

カウンセリング

ご来院いただきましたら、まずはドクターによるカウンセリングと診察です。
また、ワキにガーゼをはさみ、においの度合いや汗の量をチェックします。
ミラドライの特徴や施術の説明、施術後の注意点などをご説明します。
治療についての不安、ご質問が不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

※ミラドライは局部麻酔を使用します。
妊娠中の方やペースメーカーなどを使用している方、酸素補給が必要な方は治療が受けられませんのでご了承ください。

2.お着替え

お着替え

カウンセリング後、施術用のガウンに着替えていただきます。
※施術する際には、ワキの毛を事前に剃って頂く必要があります。
治療日前にワキの毛を剃ってご来院ください。

3.マーキング&麻酔

マーキング&麻酔

発汗する場所と毛のある場所を中心に、一時的なマーキングをする治療用テンプレートを脇に当てます。
薄い紙を脇に当て、アルコールを含ませた綿でマーキングが皮膚に移るようにし、完全に移ったら、薄い紙を取り、マーキングが完了します。
マーキングシートに基づいて麻酔薬を注入し、脇の下で痛みを感じないようにします。
注射が完了したら、麻酔が効いてくるのを待ち、治療を開始します。

4.照射

照射

麻酔が効いたらマーキングによって決められた照射エリアをマークに合わせて照射をいたします。
照射している皮膚の表面はハンドピースの冷却装置により、やけどや傷つくことはありません。
一箇所への照射は30~40秒程で終了します。
ワキの大きさによりますが、通常20分程度で片わきの照射は終了します。

5.アフターケア

アフターケア

ミラドライ施術後は約15分間、術後の赤みや腫れを抑制するために
照射部位を冷却いたします。
※治療後数日間は激しい運動はお控えください。

未成年の患者様へ

小さいお子様は多汗症・わきが治療を行えません

小さいお子様の場合、ミラドライでも手術でも治療は行えません。治療をしても成長過程で細胞組織が作られていき、再発の可能性が高いためです。成長がほぼ終わった10代後半からの治療をおすすめしています。

未成年者の治療は保護者の同意が必要です

未成年の方は、保護者の同意が必要となります。
カウンセリング時には保護者の方と一緒にご来院ください。

ミラドライのよくある質問

ミラドライの治療時間はどのくらいがかかりますか?
治療時間は通常約60~90分かかります。
ミラドライ治療中や治療後に、不快感や痛みはありますか?
担当医は痛みをコントロールするため局所麻酔をします。
ほとんどの患者様は、ミラドライ治療中は痛みを感じることがほとんどありません。
痛みを感じる場合は、エネルギーが放出されている間の瞬間的なものに限られます。
治療後に、腫れや不快感を緩和するために、アイスパックを使って脇の下を冷やすこと、イブプロフェンやその他の抗炎症剤を服用することが強く推奨されます。
腋の下は2~3日の間、ヒリヒリしたり普段とは違う感覚があります。腋の腫れは通常3週間程度は続きます。
治療後、通院する必要はありますか?
必要ありません。気になることがあれば、医師にご相談ください。
治療を受けてからいつごろ違いがわかりますか?
ほとんどの患者様はすぐに変化を実感します。
通常の活動に戻れるのはいつですか?
ほとんどの患者様は、治療直後に通常の生活に戻ることができます。
ただし、運動や入浴はしばらく行なわないできださい。
痛みや腫れを緩和するために治療後2~3日は、定期的にアイスパックを脇の下にはさんで冷やしてください。
治療後着用できない衣類はありますか?
治療は皮膚に切開の傷を残すことはありませんが、麻酔注射による小さな跡が残るかもしれません。
治療後は、包帯を巻くことはありませんので、着用する洋服に制限が出ることはありません。
ただし、短い期間(通常1週間)の間、脇の下が膨らんだり、でこぼこしたりします。
ミラドライ治療を受けた後は入浴できますか?
ミラドライ治療を受けた後に、湯船に浸かることはお勧めできません。シャワーをあびる程度にしてください。
服用しなければならない薬はありますか?
治療中は、局所麻酔を行います。終了後は、必要となる薬剤はありません。
しかし、腋の下が腫れるのを抑えるため、イブプロフェンなどを含む抗炎症薬を服用することをお勧めします。
脇の下の汗腺がなくなった場合、なにか問題はありますか?
心配する必要はありません。
人間の身体には、体温調節のために400万以上のアポクリン、エクリン汗腺があります。
これらの2%以下の汗腺が脇の下にあります。よって体温調節においては影響力が小さいといえます。
また脇の下の汗腺の機能をなくした場合の安全性を説明する文献が50以上あります。
以前多汗症やわきが治療のために外科手術をおこなったことがありますが、それでもミラドライ治療を受けられますか?
外科手術の手法に応じて、担当医がミラドライ治療に適しているかどうか評価いたします。
汗腺を物理的に取り除く手術を実施していた場合、ミラドライ治療はお勧めできません。
ミラドライは、においと汗に効果はありますか?
ミラドライは、臨床データに基づき多汗症治療器としてアメリカのFDAの認可を取得した医療機器になります。
日本でも、汗とにおいに悩んでいる方への臨床試験を実施し、個人差はありますが60~80%減少との結果が得られています。
わきが・多汗症に効果をもたらすには、発汗の原因となる汗腺を除去する必要があります。
ミラドライが、切らなくても治療を可能にしたのは、表皮を冷却で保護したまま、その下の層にある汗腺を焼灼することを可能にしたためです。
日本では、今までに何人くらいミラドライ治療をしていますか?
約3000人以上の治療実績があります。
※2012年6月現在
治療の仕方によって効果に差がありますか?
ミラドライは皮下の水分にエネルギーが反応しますので、麻酔量、注入位置や照射方法によって治療に差がでる場合があります。
汗腺の治療をすることで、リスクや副作用はありますか?
脇下の汗腺を治療することにおける安全性の確認は様々な研究によって確認されています。
ミラドライ・システムの使用あるいは施術に伴う潜在的なリスクは以下のとおりです。
施術中は患者様の状態を注意深く監視する必要があります。必要であれば早期に適切な処置をします。
治療範囲あるいはその周辺でみられる一般的な副作用は以下のとおりです。
これらのほとんどは2~3日から2~3週間において見受けられます。
場合によっては1ヵ月から数ヵ月に及ぶ場合もあります。
※個人差があります。

治療個所の腫れ、痛み、違和感 目安:数日~4週間
吸引による赤み 目安:数日
一時的な治療部位の隆起や拘縮 目安:4~6週間
ごくまれな症状として、一時的な腕の筋肉及び指の力の減少 目安:数週間~数ヶ月
わき毛は減りますか?
個人差によりますが、わき毛が減少することもあります。
脱毛に通っていますが、治療できますか?
脱毛とミラドライを同時に実施することはお勧め致しません。
脱毛治療を終了してからある程度期間をおいてミラドライを受けてください。
またミラドライ治療後は少なくとも2~3ヵ月の期間を開けてから脱毛を行ってください。

わきが・多汗症
無料カウンセリング

わきが・多汗症 無料カウンセリング わきが・多汗症 無料カウンセリング

無料カウンセリング予約

電話予約(11:00~19:00)

柏 院
0120-956-901(月曜・水曜休診)
船橋院
0120-957-598(月曜 休診)
柏院 (月曜・水曜休診)
船橋院 (月曜・水曜休診)